2018年6月28日木曜日

K-1を買ったら1本目のレンズをどれにするか? 本気検証 smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

僕の古い親友と、最近お互い色々生活が落ち着いてきたためか、親交がまた深まったりしてます。その彼が僕のブログを見てペンタックス・ラブが高まったようで、K-1を買うつもりになったようです。
さて、K-1を買うのは良いけれど、1本だけレンズを買うとすれば何が良いのか、ということを本気で考えてみましょう。もちろん、お金がふんだんにあればまずは大三元レンズを3本そろえることをすれば良いんですが、普通は1本か2本がやっとこさですよ、我々。
そんな事情の中でこれは、特に親しい人へ向けての記事になってます。だからかなり本音ベースの記事です。って、いつも本音で書いてますが、より僕個人の独断と偏見と好みを反映させています。

フルサイズのカメラにレンズ1本だけってなると、まず普通はHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRを勧めますよね。このK-1という素晴らしいカメラに相応しい大三元標準レンズです。特に、このレンズを持っていると、広角側が24㎜まであり、相当広い空間を写すことができます。もう超広角レンズなんて要らない、と思うほどです。ありとあらゆる場面で、かなり優等生なレンズでいつも期待した素晴らしい結果を残してくれます。しかし、予想の斜め上で驚く結果を期待したいレンズではないかと(とはいえ、普通に勧めるなら1本目はこのHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRです、まちがいなく)。
 そこで僕は、友人に対してはHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRという大三元標準レンズを敢えて買わずに、ペンタックスの至宝FAリミテッド3姉妹のどれかを買ってはどうか?と勧めたいと思います。
ちなみに、本日アップしている横浜の写真は、すべてFAリミテッドの長女smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedにて撮影しています。そう、あのペンタックスのラスボスと言われているレンズですね。どうせ最後はこのレンズに辿り着くんだから早めに買っておけ、と言われています。


これほどの広角なのに、隅々までひずみなく、周辺減光もなく、その実力は圧倒的です。また、発色も素晴らしく絶妙な遠近感を持っています(ただし、これらの写真ではC-PLフィルターを使っているので青空がより素晴らしい色合いになっているはずです)。

さて、ではFAリミテッド三姉妹の中でどれを買うか?
そこですよね、問題は。
ここは特にわかりやすく言い切りたいと思います。

・ポートレートや花などを中心に撮りたいならsmc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited。僕の中ではこれがラスボスレンズ。素晴らしい。
・風景を中心に撮りたいならsmc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

どちらを先に買うかは大きな問題ではありません。これら2つともを持っていれば、ほぼほぼ画角はHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRという標準レンズをカバーして、その写りもペンタックスが誇るFAリミテッドらしい素晴らしいものが期待できる、というものです。重さも二つ合わせてHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR一つ分ぐらいです。

彼は風景をまずは撮りたいらしいので、1本目はsmc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedになるのかもしれません。

では、次女のsmc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limitedですが、これはもう少し結論を待つ方が良いかもです。何故なら、それに画角の近いレンズとしてペンタックスから久しぶりに発売される超大物単焦点スターレンズ、HD PENTAX-DFA★50mm F1.4 SDM AW(仮称)が控えているからです(夏頃発売予定らしいが、ホントかな?)。これは、CP+で実際に撮影をしましたが、身震いするほどのすごいレンズ、の予感です。

さて、このsmc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedですが、街撮りスナップシューターとしての実力がとてつもないです。
 何気ない街の空間が、特別な何かになります。

ところで、31㎜と77㎜の2本でHD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRを代用したい場合、もっと広角側が欲しいですよね?
31㎜の広角って、良くも悪くもこのぐらいの画角ですから。

 そこでお勧めしたいのが、標準レンズを買うのをすっ飛ばして、いきなりHD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WRを買っちゃうわけです。この大三元レンズの一つの超広角レンズを。
すごいね、このレンズポートフォリオは。でも、マジで言ってます。

さて、smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedを1本目にするのだ、という論調でほぼ話が進んでいますが、行間を読む人にとって少し歯切れの悪さが伝わっているかもしれません。
実は、smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedってフルサイズで使うにはちょっと難しい単焦点ではないかと思っていたりする僕です。

この31mmという中途半端な広角域に慣れないと、つっまらない写真を量産することになるかもしれません。恥を忍んでイマイチ写真を晒すと下のような感じです。この日の写し始めで画角に慣れていなかった写真です。

ふむ、つまらんですね。我ながら、ちとガッカリします。

smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limitedがペンタックスのラスボスレンズと言われていたのはAPS-C時代だからであって(つまり、下の写真の約1.5倍ズームで写る)、フルサイズにてこれだけの広角になるレンズをラスボスレンズとして扱いきる、というのはなかなか大変なことだと思ってます。
というのも、写したくないものやいらないものが写りこんでしまうのです。まあ、しばらく使っていると、そういうのにも慣れますけどね。

ってな感じで、本当の本音はsmc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedを1本目としてイチ押ししたかったりするんですが、それはポートレートを僕が大好きだから。風景には、それはそれで無理があるかと。

(結論)
K-1の1本目は、
smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited
smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited
のどちらか。
どちらにするのかは、好みと信念と思い入れ。でも、結局はどちらも買うことになるので、お好きにどうぞ。
いわゆる標準領域の単焦点レンズは、HD PENTAX-DFA★50mm F1.4 SDM AW(仮称)の発売を待ちましょう。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿