2019年8月18日日曜日

雲仙ロープウエーで普賢岳を間近に見る迫力 HD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AW

島原半島の中央部に位置する雲仙からほど近い、仁田峠(一方通行)の第二展望台では、とんでもない素晴らしい絶景が広がります。
まず息を呑むのが雲仙普賢岳。あの1991年の大火砕流をもたらした怒れる山です。
まずここでは、HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AWにて絞りを絞って撮影しているので、くっきりカッチリとした写真になっています。さすがのスターレンズの実力です。

東側にレンズを向けると、そこに広がるのは南島原と対岸に見えるのが上天草方面の諸島です。
ここでの地図はこんな感じですので、仁田峠第二展望所というところから東側を見ていると思ってください。

レンズを少し北に向けると島原市の向こう側に熊本市などが見えてきます。

2019年8月16日金曜日

雲仙地獄 HD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR

雲仙というのは島原半島の中央部の山の中にありまして、雲仙地獄はその中央部に位置しています。
要するに荒い岩肌の中で高温の硫黄分を含んだ温泉がいたるところで湧き出ている、という施設です。ちなみに、入場は無料です。
今回は、HD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WRという超広角大三元レンズだけでのご紹介。空がきれいに写るんだよね。

思わず手を入れて
「温かーい」
と言いたくなる状況ですが、相当高温のようです。手を突っ込むのは止めておきました。

基本的に山の斜面に築かれた地獄施設であり、真夏に最上部までくると、なかなか汗だくになります。
雲仙は山の上にあるので、日陰は涼しいんですけどね。うーん、気持ち良い!

2019年8月13日火曜日

いざ、雲仙へ! HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AW

義父のお墓参りを済ませ、雲仙へやってきました。下の写真の全体的に見える大きな島原半島の山中に雲仙はあります。西側から島原半島を見ています。
そして、向こう側の高い山が普賢岳。大惨事となった火砕流はあの向こう側の島原方面へ襲いました。
そんな災害もあった雲仙ですが、今はひたすらに美しいです。

C-PLフィルターを付けて、美しい海を撮ります。

水面を撮るときにはやはりC-PLフィルターが必須です。って、いつも言っていますが。

2019年8月11日日曜日

妻の実家 長崎へ帰省 HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AW

今回の特集は雲仙・島原なんですが、なぜそこまで行っているかというと妻の長崎県諫早の実家にて義父の法事があってそれに付き合ったからです。

雲仙などの写真をご紹介する前に、まずは妻の実家の周りで目についた何気ない風景スナップを載せます。レンズはHD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AWで、この圧倒的描写力は何気ないスナップを写しているときにこそ真価を発揮します。

下の朝顔は義母がひっそりと育てていたもの。すごく簡素な咲き様に、義母が一人で生きている心のあり様が見て取れ、素直に感動した風景です。

さて、妻の実家を出て、しばらく周辺を散策してみましょう。
朝8時半とはいえ、相当暑くなりかけています。九州の日差しは強いや。

2019年8月5日月曜日

雲仙島原巡りで久しぶり更新 

お久しぶりです。
1か月ぶりぐらいですかね。
何せ、ご存知の通り、長い長い梅雨ではカメラを持って外に出る気もせず、しかも仕事的にかなりキツキツの状況であまりネットと繋がりたくない精神状態でした。
今回、久しぶりに旅行に行き、たったの2泊でしたが雲仙島原などを満喫してまいりました。

いやもう、本当に素晴らしい旅行となり、多くの画像を現像する時間が必要なため、しばらくお待ちを。
まずはお久しぶりのご挨拶&祝 盛夏!

2019年6月27日木曜日

KQJ 神奈川県庁の屋上からの絶景 TAMRON SP AF70-200mm F2.8 (IF) MACRO

平日で特に予定のない日に横浜を散策する人は、神奈川県庁の屋上に行ってみましょう。無料でそこそこの眺めが楽しめますよ。
下の写真の中央に写るのがキングこと神奈川県庁。土日祝以外なら、ここの屋上に誰でも登れるわけです。キングの近くには他にもクイーン、ジャックとの愛称を持つビルがあり、なかなかの風情です。
(平日にその辺をウロウロするかよ、という苦情は受け付けません)

象の鼻が気になる? それは、ここが象の鼻パークだからです。

やってきたよ、県庁屋上。実は僕も今日が初めて。
屋上はこんな感じになってます。

キングの屋上では、もちろんキングを間近で拝見できまする。
そうか、近くで見るとこんな感じか、という感慨。

2019年6月24日月曜日

超望遠レンズで写す横浜(2) TAMRON SP AF70-200mm F2.8 (IF) MACRO

一年の中で一番好きな季節を問われると、僕は梅雨、と答えます。
もう少し正確に言うと、梅雨の晴れ間です。まさに今ですね。

梅雨にスカッと晴れた日には、風も涼しくて湿度も柔らかく、暑くも寒くもないので一番お気に入りの服を着て外出できます。また、こんな日は雲が最高に写真映えするのです。
雲に浮かぶ観覧車。気持ち良いですね。これぞ超望遠レンズを使った圧縮効果となります。ちな、今回もTAMRON  SP AF70-200mm F2.8 (IF) MACROというデカいレンズ1本勝負です。

下の写真は汽車道。昔は貨車鉄道だった線路が気持ちの良いプロムナードになっていて、ワールドポーターズまで続きます。この道を夜通ると、その絶景に大喜びできるでしょう。

ランドマークタワーを写すにしても、単に青空じゃつまらないです。梅雨の雲が良い効果を演出してくれてます。この次の日は天気が崩れたので、ホント運が良いというか、僕の晴れ男パワーをまたもや炸裂させてしまいました。